マザーアース・フェスティバル 2008

マザーアース・フェスティバル '08 since 2008-10-23 / Copyright 2008 Dec. All Rights Reserved.

TOP_LOGObar.jpg

特定非営利活動法人
ACE(エース)

当日スタッフ:メッスィ~、ともこさん
http://acejapan.org

「おいしいチョコレートの真実」
チョコクイズ&上映 1:00~1:30
chocosinjitu.jpg
 みんなが大好きなチョコレート。そんなチョコについてクイズで楽しく学び、その裏にある真実について、考えるDVDを上映します。
クリスマス直前に、世界とのつながりを家族みなさんで、チョコっと考えていただけると嬉しいです。お待ちしております♪

 子どもが希望を持って安心して暮らせる「子どもが笑顔でいられる社会」を実現するため、子どもが危険で有害な労働に従事する「児童労働」の問題に取り組んでいる国際協力NGOです。 グローバル経済を通じてわたしたちとつながっている児童労働の改善・予防を市民や企業・政府に呼びかけ、海外では「子どもにやさしい村」づくりを支援しています。

フェアトレードチョコレート
食べる人も、作る人もハッピーなフェアトレードのチョコレートを販売します。かわいいイラストが全8種類。チョコレートの売り上げの一部は、チョコの原料カカオ豆生産地のガーナで、子どもを危険労働から保護し、就学・通学を支援するプロジェクトに使わせていただきます。
取り扱うチョコの情報 ->ピープル・ツリー

クリスマス限定デザインタンブラー
カフェで使えるタンブラーの、クリスマス限定デザインを販売します。大切な人へのプレゼントや今年1年がんばった自分へのご褒美に、ぜひお買いお求めください。売り上げのうち、200円は海外の子ども支援に、200円は国内の啓発・提言・ネットワーク活動に使わせていただきます。
デザイン協力:女子美術大学生

その他グッズ販売
インドの手作りアクセサリーやエコバック、ACEが執筆した書籍「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。」なども販売。
ACEecobag.jpgchoco_03_b.jpgwatasi8sai.jpg

〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-9 セリジェ・メゾン瀬上401号室
団体ウェブサイトL: http://acejapan.org/
代表ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/acejapan/

NPO法人
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
http://www.ftcj.com/
philippines-b.jpg

1:30 高校生のフィリピンスタディーツアー報告会

フェアトレード商品
ドライマンゴー
ジュースバック


 児童労働、貧困…過酷な状況におかれた世界の子どものために。
 子ども主体の国際協力団体

juice_bag-a.jpgdry_mango.jpg

  〒110-0015
  東京都台東区東上野1-20-6
  丸幸ビル3F
  TEL/FAX:03-3835-0221
  info@ftcj.com

城西大学現代政策学部 
石井雅章ゼミ&学生ブログ新聞記者

城西大学現代政策学部 http://www.josai.ac.jp/~new/

現代政策学部学生ブログ新聞 http://blogs.yahoo.co.jp/ju40ls

afa1.jpg

 埼玉県坂戸市にある城西大学の現代政策学部石井雅章ゼミと現代政策学部の学生ブログ新聞を発行している学生記者のブースです。


 ゼミで発表された「代替エネルギー活用提案」「耕作放棄地活用提案」の資料を展示します。他大学と合同でおこなった発表会の様子を発表いたします。本ゼミ担当の教員、石井雅章が執筆に携わった『環境事典』(旬報社)の実物見本とパンフレットを展示します。
*当日御購入を決められた方には、特典がございます!

 本ゼミでは、幅広く「環境」をテーマにして、学生たちが自分たちで調べて、具体的な政策提言をつくるという活動をしております。今年度は、「自治体への代替エネルギー活用提案」と「耕作放棄地の活用提案」をつくっています。
 また、学生ブログ新聞は学生自身が大学や地域のことを取材して記事としてブログに掲載するもので、すでに1万アクセスを超えました。今回の「マザーアースフェスティバル」のこともぜひ記事にしたいと思います。

  城西大学現代政策学部 
  石井研究室(049-271-7784)

NPO法人
ワーカーズコープエコテック
http://www.ecotechnet.com


ecotech.jpg

太陽光発電の資料展示
太陽光発電の設置相談 他


 私たちは省エネルギーの促進、自然エネルギー(太陽光発電風力発電、小水力発電、雨水利用etc.)の地域への普及を図る活動やネットワークづくりに取り組んでいます。
 自然エネルギー利用の動きを加速させるとともに、環境保全や地球環境問題の改善を目指しています。

  〒111-0056
  東京都台東区小島2-2-9
  小島町ビル401
  TEL 03-6914-7300、FAX 03-6914-7301
  Email:kanto@ecotechnet.com

親子スタイル
(有限会社Plusプラス)
http://www.oyakostyle.com/

12:30 アースステージ:対談
「思春期・青年期の子どもと
 良い関係でいるために、
 ママパパが今やれること。」

親子ギャラリー(手作り品の販売)
ポストカード    バック
帽子  手作りスウィーツ

futariten.jpg

oyakostyle_top.jpg

親子スペースよりメッセージ!
リ オ:親子スタイルの初出展イベントとして、
     まずは最初の一歩がんばります!
TAKO:イラストで初出展、ドキドキです。
木 村:白い帽子を出したいと思います。
     子どもと一緒に参加します。
バーバ:手作りケーキで参加。
     喜んでもらえると嬉しいです。

思春期・青年期の親子の良好なコミュニケーションの推進を目的としたサービスの創造

有限会社Plusプラス 親子スタイル事業部
〒156-0052 世田谷区経堂
1-25-17ルート経堂3C
Tel:03-5450-7228 Fax:03-5450-6224

いきいきフォーラム
草の根支援「食卓の貯金箱」

ワークショップ 「100人村の食卓」
3:30~4:00|ワークショップ(定員30名)

chokinbako.jpg
*ブース来場者皆さまに「食卓の貯金箱」をさしあげます。
パネル展示(支援先の子どもたちの写真)


タイバッグ小袋ノートレターセット
ネパールアクセサリーお財布など

支援内容 
 中央ネパールの山村、南インド低カースト農民の村、タイ北部山岳少数民族の山村の子どもたちへの教育支援。「食卓の貯金箱」を使って、身近にできる国際支援を実践しています。「食卓の貯金箱」は1963年に「世界の貧困をなくそう」を目指してオランダで生まれたもので、1981年に日本に紹介され、以来27年間活躍しています。

事務所  いきいきフォーラム草の根支援
113-0024
文京区西片1-2-6 野本ビル101 
TEL03-3816-5346

★開発途上地域の子どもを支援
「食卓の貯金箱」に募金をお願いします。世界には1日1度の食事もできない人が8億人、その半分が子どもです。そんな子どもをひとりわが家の食卓に招いたつもりで、その子どもの食事代を貯箱へ貯めてください。

貯まったお金は郵便振替で、送ってください:
ネパール、インド、タイの子どもたちの教育支援に使われます。支援金は直接支援先の責任者に託しますので、確実に子どもたちに届きます。毎年、支援先訪問ツアーを実施しています。現地に子どもたちを訪ね、エネルギーをもらってきましょう。       

★身近な人たちに、特に子どもたちに「世界の中の私」を考えてほしい。
 そのために、講演会、ワークショップをしたり、出前授業をしたり、開発教育活動をしています。「世界の多様性と格差」に気付き、自分の暮らしを見直し、より良い世界をつくるため何ができるか。ひとりでも多くの人たちに考えてほしいと思っています。

★会報「SAPANA」(ネパール語で「夢」)を年4回、お送りします。
 ネパール、インド、タイの支援先の子どもたちの現状や支援金の使われ方、国内での開発教育活動の様子などをお知らせします。

連絡先  「食卓の貯金箱」代表 早福泰子 
134-0088江戸川区西葛西3-3-13-420 
TEL03-5658-3621
Email ysofuku@kba.biglobe.ne.jp

icon_bl_01.pngアースステージ
icon_bl_01.pngワークショップ
icon_bl_01.png出展団体様一覧
icon_bl_01.pngマザーアース・カフェ
icon_bl_01.pngチャリティフリマ&フェアトレード
icon_bl_01.pngクリスマス抽選会(企画中)

icon_bl_01.pngAブース出展ご紹介
 ●ママなど一般人ユニット
 ●NPO・学校法人
 ●企 業

icon_bl_01.pngスタッフブログ


What’s New
葛西新聞様12月12日号掲載
江戸川ケーブルテレビ様CM放映中
東京新聞さん取材

●A出展団体ご紹介 毎日更新!
●“きっとできる!  ”ボランティア仲間募集中!
22日ボラお手伝いありがとうございましあ。
●ABCブース出展募集終了!
  ありがとうございました。